ギンナンウキ- 財津釣具
contents
トップページ
コンセプト
新製品情報
製品一覧
会社案内
取り扱い店舗
お問い合わせ
 
ZAXIS webサイト

近年のグレ釣りにつきものの、食い渋り!食い渋りになると感度の良いウキを使用する。しかし、感度・低重心だけでは現代の食い渋りには対応できない。食わせてから走らせる水面1m〜1.5mが勝負。
烈風仕舞は、水面下でのウキの動き(角度)に重心をおいた走らせる為の棒ウキです。これがすなわち、攻撃型グレ用棒ウキです。

トップの長さが調整出来るスライド機構
従来のスナップサルカン式では道糸との距離(遊び)があり、ワンテンポ遅れてしまいます、楕円サルカンを採用する「烈風仕舞」では本体に直接道糸がふれている分、断然にアタリは鮮明に出ます。
又、アタリ後、食い込みの最中、遊びがない分、フラッキが無く、自然に食い込んでいきます。これが食い渋りをなくすための大きなカギになっています。
(実用新案出願中)
ふらつきを軽減させる特殊なサルカンリング
本体下部に取り付けられた楕円形のサルカンリングは、ウキ止め糸のみで仕掛けが止まり、軽い仕掛けに対応。
アタリ>食い込み>走り>掛け>やり取り>の一連の動作にウキのフラツキは禁物、フラツキの原因の3点から2点取り除きフラツキを軽減させた優れもの。(実用新案出願中)
 

烈風仕舞の最大の特徴は、本体内部のオモリの位置です。
着水後、潮に反応して若干ななめぎみの負力スタイルでつねに本体からサルカンが針先を向くイメージで作られています。
 

(C)Zaitsu tsurigu Ltd.